当日に食事や会話もOKオールオンフォーインプラント

subpage1

入れ歯やブリッジの治療をインプラントに交換したいという方が急増しています。

オールオンフォーのインプラントについての情報はこちらです。

虫歯や歯周病で歯を失うと、噛み合わせの観点でも治療が必要です。

Girls Channel情報を網羅した総合サイトです。

これまでは、失くしてしまった歯の後の治療ではブリッジや入れ歯がメインでした。


しかし入れ歯では留め具やバネ、ブリッジでは削って支えにするなど残っている健康な歯へのダメージが大きいのが難点です。


その点インプラントでは顎の骨に人工の歯根を埋め込んでからセラミックなどの人工歯を付けるので別の歯への負担がないという大きなメリットがあります。


上顎あるいは下顎の総入れ歯からインプラントに交換する場合、人工歯根を複数本埋め込む必要があります。


これまでの手術方式では、例えば総入れ歯からの交換ですと、最低ラインでも10本の人工歯根の埋め込みが必要でした。
その後手術方式が大きく進化し、現在では4本の人工歯根を埋め込むことで片顎の総入れ歯をインプラントに交換し人工歯を支えることが可能になっています。

この手術方式が、オールオンフォー手術です。

オールオンフォー手術の前にはデンタル専用CTスキャンによる精密度の高い検査を行い、どの部分に人工歯根を埋め込めばバランスが最良かを診断します。

オールオンフォー手術では取り付ける人工歯の本数に対して埋め込む人工歯根が少ないので、オペの所要時間が短く、痛み・出血・腫れといった点でも患者さんの負担はかなり軽減が可能です。


広い範囲での手術となりますが、オールオンフォー手術ではオペの当日に仮歯の固定まで行うので、食事や会話に不便かないのも大きな特徴になっています。



初心者向き医療

subpage2

虫歯や歯周病は、日本人が歯を失くしてしまう原因のトップです。歯を失くしてしまうと、その歯と対合する歯に噛み合わせのトラブルが発生する可能性があります。...

more

知りたい情報!

subpage3

インプラントとはあごの骨に直接ねじ状の金属を埋め込み歯を作る技術です。以前は10本から14本のインプラントを埋め込む必要性がありましたが、研究と技術開発により最少4本のインプラントですべての歯を支えられるようになりました。...

more

医療の特徴紹介

subpage4

虫歯や歯周病が原因で歯を失くしてしまうと、そのままでは対合する歯にトラブルが起きる可能性がありますから治療が必要です。片顎の歯を全て失くしてしまった場合の治療では、従来なら総入れ歯が中心です。...

more

学びたい知識

subpage5

インプラント治療はチタン製の歯根を顎にうめこみ、人工の歯をかぶせる治療方法です。優れた治療法ですが、歯がほとんどの無い人の場合は、埋込するインプラント数が片顎で約10本と数多く、身体的にも経済的にも非常に負担が大きいものでした。...

more