総入れ歯からの交換ならオールオンフォーインプラント

subpage1

虫歯や歯周病は、日本人が歯を失くしてしまう原因のトップです。


歯を失くしてしまうと、その歯と対合する歯に噛み合わせのトラブルが発生する可能性があります。



そのため治療が必要です。
歯を失くした後の治療では、最近ではインプラントを希望する患者さんが急増しています。


それは、快適で見た目がきれいな治療ということが大きな理由です。インプラント治療では、患者さんの顎の骨にチタン中心の素材で作られた人工の歯根を直接埋め込みます。

そしてその歯根を土台にしてセラミック歯などを立てるので、噛んだ時の力の伝わり方が元々の自分の歯に近く快適な噛み心地です。


またチタンは生体に大変親和性が高く、時間が経っても歯肉の黒ずみなどのトラブルが少なく審美性の高さという点でも人気が高くなっています。


従来の治療のメインであった入れ歯やブリッジですと、残っている他の歯に留め具やバネを取り付けたり、削って支えにするなどの侵襲があるのが難点です。
そういった背景もあり、時間が経って噛み合わせが変わってしまい合わなくなった入れ歯をインプラントに交換したいという方も増えてきています。

例えば上下いずれかの顎の総入れ歯をインプラントに交換するケースでは、複数の人工歯根を埋め込むことになります。そのような場合、これまでは10本以上の人工歯根の埋め込みが必要でしたが、現在では新しい術式の登場で4本の人工歯根で片顎の歯全てを支える治療が可能です。

日本経済新聞の情報はこちらのサイトがオススメです。

この手術方式をオールオンフォーといいます。



オールオンフォー手術では総入れ歯からの交換でも4本分の人工歯根の埋め込み手術ですむので、患者さんの負担はかなり軽減されています。

従来であれば骨の移植や造成が必要なケースでもインプラント治療が可能なのもオールオンフォー手術の特徴のひとつです。