最小のインプラントで歯を支えるオールオンフォーとは

subpage1

インプラント治療はチタン製の歯根を顎にうめこみ、人工の歯をかぶせる治療方法です。



優れた治療法ですが、歯がほとんどの無い人の場合は、埋込するインプラント数が片顎で約10本と数多く、身体的にも経済的にも非常に負担が大きいものでした。
この問題を解決したのがオールオンフォーと呼ばれる治療法です。

これは4本のインプラントをバランスよく埋め込むことによって、最大12本の歯を支えることができるというものです。

ガジェット通信が一般的になってきました。

オールオンフォーの場合、抜歯、インプラントの埋込み、仮歯の装着まで一日で行うことができるため、その日のうちに患者が咀嚼機能を手に入れることができます。顎の骨が少ないためにインプラント治療を諦めていた人も、オールオンフォーならできるケースがあります。


見た目も天然の歯のような自然さで、埋め込む数が最小限となるため費用も身体的な負担も軽くなると、さまざまなメリットがあります。



ただし、オールオンフォーは高度な治療技術が必要となるため、治療を受けられる歯科医院が限られています。


治療を希望する場合は、よく調べ、実績豊富な歯科を訪ねる必要があります。


また、オールオンフォーを長く使うためには、正しいケアとメンテナンスが必要です。
人工歯の周辺に歯垢が堆積し、炎症を起こす周囲炎と呼ばれる症状を起こすことがあります。

放置すると脱落することもあり、適切に処置することが必要です。


普段から丁寧に歯を磨き、定期的に検診をうけ、歯石の除去に努めましょう。

そうすることで、長く使うことが可能になります。